大人のための風しんワクチン

大人のための風しんワクチン

皆さんは、「先天性風しん症候群」をご存知でしょうか?

妊娠した母親が風しんにかかると、母親だけでなくお腹の赤ちゃんにまで色々な合併症(心臓の病気、難聴、白内障など)が起こる怖い病気です。

そんな怖い病気を防ぐためにも、風しんの大規模な流行を食い止める必要があります。
そこで、厚生労働省は予防接種法に基づく定期接種を受ける機会がなく、他の世代に比べて抗体を持っている割合が低い、昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの世代の男性に対して、2021年度末までの3年間でなるべく多くの方に風しん抗体検査&定期接種をしてもらう取り組みを開始しました。厚生労働省が打ち出した目標は、①2020年7月までに抗体検査を約480万人・定期接種を約100万人、②2021 年度末までに抗体検査を約920万人・定期接種を約190万人に対して実施するというものでした。

その第一弾を2019年4月から開始しております。対象は、昭和47年(1972年)4月2日~昭和54年(1979年)4月1日生まれまでの世代の男性です。各自治体から受診券が対象者に送付され、その受診券を持って医療機関に受診すると、無料で風しん抗体検査ができ(一部条件あり)、かつ抗体がない方は無料でワクチンを接種することができます。なお、2020年度からは、昭和37年4月2日~昭和47年4月1日生まれの男性に対しても受診券を送付する予定となっております。

ここまでが、風しん第5期定期接種の概要です。

当院は2019年10月からの開院であったため、まだ受診券を持って受診された患者さまはほとんどおりません。
受診券が送付されてから半年以上が経過しておりましたので、他の医療機関ですでに多くの方が受けているのだと思っておりました。

ところが、11月28日に開催された第34回厚生科学審議会感染症部会の資料によると、実際に2019年4月〜9月までで抗体検査を受けた人数は約86万人、定期接種を受けた人数は約17万人にすぎないものでした(*以下の図は、第34回厚生科学審議会感染症部会の資料の一部です)。

まだまだ、皆さまに周知されていないのだと実感いたしました。

この結果を踏まえて、今後当院でも受診券が送付されているであろう世代の男性の方には積極的にお声がけしていこうと思いました。

今後も予防医療の重要性を踏まえながら、外来を通じて皆さまに医療者としてできる限りの情報をお伝えしていきたいと思います。

なお、上述したとおり当院でも風しん第5期定期接種を開始しておりますので以下のリンクをご参照ください。

風しん第5期定期接種を開始しました