院長あいさつ|志木市,新座市,朝霞市の内科,小児科,泌尿器科|柳瀬川ファミリークリニック

― ごあいさつ ―

皆さま、はじめまして。令和元年に柳瀬川ファミリークリニックを開院いたしました院長の楢原正基です。

私は埼玉県で生まれ四季を感じる事ができる自然豊かな環境の中で幼少期を過ごし、地元の中学校を卒業後、高校進学をきっかけに幼少期から憧れていた医師を本格的に目指しました。

順天堂大学医学部を経て医師となった後は、神奈川県の病院で泌尿器科医として勤務しておりましたが、当時担当していた患者さんやご家族から、「不安に寄り添ってくれてありがとう」という温かいお言葉を頂く中で、より身近な立場から患者さん一人一人に寄り沿った医療を行いたいと考えるようになり、一念発起して新たに家庭医療の扉を叩きました。

 

家庭医療の特徴の一つは、専門領域にとらわれない総合診療であることです。子どもからお年寄りまで年齢や性別を問わず、様々な病気やそれに伴う症状に適切に対応いたします。もちろん、専門的な治療が必要な場合は、連携している各医療機関にご紹介いたしますのでご安心下さい。

もう一つの特徴は、家庭医療が単に病気を診るだけでなく、患者さんの思いやご家族の思いを一つ一つ大切にする医療であることです。患者さんとご家族の生活を中心に据えて、病気だけでなく心理・社会的な側面からも関わることで、個別性の高い総合的な医療を提供します。一見すると無関係に思われる悩み事、困り事なども、実は病気と関係している場合もありますので、どうぞ遠慮なくご相談ください。

最後になりましたが、ここに至るまでに大変お世話になり、家庭医療に導いて下さった尊敬すべき先生から頂いたお言葉をクリニックの理念(私たちが伝えたい想い)にいたしました。家庭医療は非常に奥が深くやりがいがあり、まさに私が目指す医療そのものです。まだまだ学ぶべき事は多く、日々勉強の毎日ではありますが、初心を忘れず地域の皆さまのお役に少しでも立てるように頑張っていく所存です。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

【 略歴 】
順天堂大学医学部医学科 卒業
東京都済生会中央病院 初期研修
横浜市立大学附属総合病院 泌尿器科
河北ファミリークリニック南阿佐谷 家庭医療科(内科・小児科・訪問診療・緩和ケア)
柳瀬川ファミリークリニック 開院

【 資格・免許 】
日本プライマリ・ケア連合学会家庭医療専門医
日本在宅医学会在宅専門医
日本内科学会認定内科医
難病指定医
緩和ケア研修会修了

2019年10月1日 院長 楢原 正基